当サイトでは効率的にWebサイトをご利用いただけるようにクッキーを使用しています。当サイトをご利用の場合は、クッキーに同意したものとさせていただきます。 個人情報の保護についてはこちらをご覧ください。

GLOBAL ONE – Integration. Innovation. Quality.

Cooperation sustains innovation

DMG MORI のホームページへようこそ

グローバル化する工作機械業界のリーディングカンパニーとして、DMGと森精機は互いに協力し、両社で販売拠点の統合や部品供給、共同開発など連携を強化しています。

取締役社長/工学博士
森 雅彦
高性能な技術と強力な販売・サービスネットワークを融合させ、生産性向上を実現します。


Chairman of DMG MORI AKTIENGESELLSCHAFT
クリスチャン・トーネス
共に「グローバルワン」を目指して成長していくことで、より効果的かつ効率的な仕事が可能になります。文化の多様性も我々の強みとなります。

強力な連携

共同で販売・サービスを行うことで、お客様に豊富なラインアップをご提供することが可能となりました。両社の幅広い製品ラインアップ、
ソフトウェア、そして広範囲にわたる販売・サービスネットワークを通じてお客様のものづくりをサポートいたします。
7400名を超える社員が、76カ国164箇所におよぶ国内外の営業・サービス拠点でお客様をサポートいたします。

DMG森精機は、常にお客様の利益向上への貢献を目指しています。創業65年の森精機製作所と143年のGILDEMEISTER AKTIENGESELLSCHAFTが持つ日本とドイツの文化を調和させ、工作機械業界におけるリーダーシップを発揮し、精通した技能をお届けしてまいります。

最新の技術によるイノベイティブなソリューションをお届けいたします。DMG森精機は、工作機械業界のリーディングカンパニーとして、
時代に最適な製品を共同で開発し、万全のサポートでご提供いたします。

世界中のお客様にとって信頼されるパートナーになりたいと考えています。DMG森精機は159上の拠点で世界中のほぼ全てをカバーできる体制を整えています。

DMG森精機は、お客様のご要望への対応・利益向上への貢献のために不断の努力を行います。

  • DMG MORI のテクノロジーソリューションを一本の窓口でお求めいただけます。
  • DMG MORI の3Dソフトやその他の便利なソフトウェアを使用可能です。
  • 迅速に対応するサービス、サポート体制を整えています。
  • 専門知識を有する優れた技術者により、 最適な製造プロセスをサポートします。
  • DMG と森精機の製品について、96% 以上のパーツ供給率を達成しています。
  • 24時間体制の電話サポートにより、お客様のトラブルをスピーディに解決します。


提携の経過

2017年5月5日  第115回定時株主総会において、当社の再編は大きな支持を得、予定されていた最終投票により、高い支持率を獲得。
2017年2月28日 オートメーションは、生産現場における重要な開発目標の1つです。目標は、将来すべてのDMG MORI機にオートメーションシステムが装備されることです。
2017年2月14日 DMG MORIは、アディティブマニュファクチャリングにおいて新時代テクノロジーを強化し、REALIZER製品の統合により、金属材料の最も重要な製造プロセスも兼備。
2017年1月1日 DMG MORIは「グローバル・ワン・カンパニー」として、工作機械やサービスを中心とした事業に注力し、世界中の販売・サービス体制を再編。
2016年12月31日 DMG MORIとHaimer GmbHは協力関係を強化し、協力協定に署名。新しいプレミアムパートナーとして、HaimerはMicrosetのオペレーションを継承。
2016年11月1日 DMG MORIは、スタートアップISTOSの設立により、デジタル化の専門技術を強化。ネットワークにつながれた生産プロセスにより、お客様のデジタル化をより良くサポートが可能に。
2016年9月30日 海外の工作機械メーカーとしては初めて、DMG MORIは「ロシア製造業者」の一員として正式に認められる。
2016年8月24日  登記完了により、ドミネーション・アグリーメントが発効。これにより、「グローバルワンカンパニー」として一体性がさらに強化され、世界市場における競争力がより確実に。
2016年7月15日 第114回年次総会にてドミネーション・アグリーメントを承認。この協定で、より緊密な協業に向けた法的な枠組み・基盤が確立。
2016年6月29日 SAUER社がイダー=オーバーシュタインにULTRASONICテクノロジー用の近代的な生産・物流拠点をグランドオープン。
2016年6月14日 ビーレフェルト本部のグローバルソリューションセンタは3,400㎡に拡大し、デジタル化のための統合テクノロジーソリューションをご提案。
2016年5月23日 DMG MORIはグランドオープンをもって、新グローバルソリューションセンタをモスクワに開設。
2016年4月15日 DMG MORI AG監査役会の全会一致により、クリスチャン・トーネスを取締役会会長に任命。
2016年4月6日 DMG森精機株式会社がAG株保有数を76.03%(連結対象会社の保有数を含めた合計)に増やし、ドミネーション・アグリーメントの締結を計画。役員会会長として20年におよぶ功績を残したルーディガー・カピッツァ会長は、DMG MORI AG監査役会との合意に基づき退任。
2015年12月31日 2015年末時点でDMG森精機株式会社がDMG MORI AG株式の60.67%を保有。
2015年9月29日 世界的にも珍しい最先端の製造・組立工場をウリヤノフスクに開設し、ロシア市場におけるDMG MORIの認知度向上に加え、専門性を強化。
2015年6月8日 DMG森精機株式会社とDMG MORI SEIKI AKTIENGESELLSCHAFTは統合の成果をより 発揮するため、社名を変更し、それぞれDMG MORI COMPANY LIMITEDとDMG MORI AKTIENGESELLSCHAFTとなる
2015年4月30日 公開買付け成功、DMG MORI CO., LTDの持ち株比率は52.54%に引き上げられる。
2015年1月21日 森精機とドイツのDMG MORI SEIKI AGは「協力協定2015」を締結。
これによって、戦略的開発の目標とDMG MORI株式会社の公開買付けの枠組みを設定。
2014年12月15日 東京本社とスイスのヴィンタートゥール本社は、将来的に全世界の営業・サービスを統括予定。
ヴィンタートゥールGHQには、DMG MORI の革新的な新技術センターを併設。
2014年7月18日 DMG森精機株式会社は、東京  潮見に「東京グローバルヘッドクォータ」をグランドオープン。グランドオープンは、DMG MORIのマイルストーンに新たな一歩を刻む。これによって、DMG MORIは世界的なプレゼンスを拡大し、より永続的にお客様から信頼される企業へと成長していく決意を固める。
2009年3月23日 ギルデマイスター と 森精機製作所の業務提携体制開始。
2009年7月01日 タイ、インドネシア、台湾、トルコにて共同で販売、サービスを開始。
2010年4月01日 米国、インドでの共同販売、サービスを開始。
2011年4月19日 森精機製作所がギルデマイスターへの出資比率を20.1%へ増資し筆頭株主となる。
2011年8月02日 ギルデマイスターが森精機製作所の株式5.1%を取得し、筆頭株主となる。
2011年7月26日 欧州における営業とサービス事業を一本化。
2011年9月19日 EMO Hannover 2011で DMG MORI SEIKIとして初の共同出展両社初の共同開発であるMILLTAP700を紹介。
2012年4月01日 スイスにDMG MORI SEIKI Europe AG を設立。欧州全域で販売、サービスを開始。
2013年3月20日 両社相互の株式追加取得を発表。
2013年8月26日 「Joint Committee(共同経営協議会)」を開催し、さらにシナジーを追及。
2013年9月16日 EMO Hannover 2013で、DMG MORI SEIKIとして会場の2号館を貸し切り、共同開発による新オペレーティングシステムCELOS、世界初公開となる新統合デザインの18機種を展示。
2013年10月1日                                                                両社の社名を変更。


 Technology Center

 Authorized Dealer